少年ジャンプが期間限定で無料配信、鬼滅はカラー版も 臨時休校で「神対応」

 また「ゼブラックを初めて知った」という書き込みも見られた。2014年のリリース後、一定数の読者を獲得しているジャンプ+とは違い、ゼブラックは昨年12月にサービスを開始したばかり。大胆な取り組みは、4月以降も継続して利用する新規読者を増やしそうだ。

 小学館も同様に「週刊少年サンデー」、幼年向け雑誌「月刊コロコロコミック」、少女向け雑誌「ちゃおデラックス」「Sho-Comi(ショウコミ)」などを無料公開。講談社でもJリーグの開幕延期を受けて、青年向け雑誌「週刊モーニング」で連載中のサッカー漫画「GIANT KILLING」(著・ツジトモさん、原案と取材協力・綱本将也さん)の50話分を無料公開するなどの対応をしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ