少年ジャンプが期間限定で無料配信、鬼滅はカラー版も 臨時休校で「神対応」

 集英社は2日、漫画誌「週刊少年ジャンプ」の電子版の無料公開を、スマートフォンアプリや電子書籍ストアで開始した。新型コロナウイルス感染防止策としての臨時休校により、自宅待機をしている小中高生に向けた措置で、31日までの期間限定。新型コロナウイルスを“漫画の力”で乗り越えようという取り組みが出版業界に広がっているようだ。

 無料で公開されているのは、昨年12月以降に発売された2020年1号から13号までの11冊(4・5合併号、6・7合併号を含む)。同社の電子書店サイトの「ゼブラック」とスマホアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で読むことができる。電子版の特典である、フルカラー版の人気漫画「鬼滅の刃」(吾峠呼世晴さん)も収録されており、紙の雑誌で読んだ人にも一読の価値がある内容だ。

 これまでも同社は大規模災害時などに、被災した子供のために電子雑誌を無料公開することがあったが、10冊以上を読めるようにするのは異例。ツイッターでは「粋なことしますね。さすが少年ジャンプ」「ジャンプの神対応です」などと称賛のコメントが相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ