新型コロナで詐欺メール 不安煽り「ウイルス」送る手口か

 社会的、国際的に大きな出来事があると、それに絡めたサイバー攻撃が発生するというのは残念な“お約束”。新型コロナウイルスの感染拡大も例外ではなかったようだ。国立感染症研究所(NIID)が不審なメールへの注意を呼びかけている。

 同研究所は2月26日、差出人が「国立感染症予防センター」となっているメールが確認されたと公式サイトやSNSで発表した。同研究所には「国立感染症予防センター」という組織は存在しない。また、一般の人向けにメールを用いた情報提供を行っていないという。

 問題のメールのタイトルは「新型コロナウイルスの感染予防策について」など。差出人の名前とタイトルで関心を引き、メールを開封させる狙いがあると見られる。

 メールの本文には新型コロナウイルスについて書かれており、「対策はこちら」などの文字をクリックさせて、ウェブページを表示させる仕組み。リンク先で個人情報を盗まれたりパソコンがコンピューターウイルスに感染したりする恐れがあるようだ。メールには受信者の名前や、所属する団体名が書かれていることから、攻撃対象を絞った「標的型メール攻撃」と見られる。同研究所は、同様のメールで添付ファイルを開かせてコンピューターウイルスを送り込む手口にも気を付けて、不審なメールを受信したら開かずに削除してほしいと呼びかけた。

 国民的な関心事で不安を煽る手口に、ツイッターではネットユーザーの怒りが爆発。「やはりこの手のバカも出現したか」「人の不安につけ込んでる感じが腹立つな」「パニックに陥ってる層がおるからこそ、カモにしようってのも現れる」などと書き込まれた。SNSでは「27度のお湯を飲むと新型コロナウイルスは死滅する」などの根拠が不確かな情報も出回っていることから、不安なときこそ信頼できる情報を探すようにしたいという声も少なくなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ