「ドラえもん」春休み映画公開延期でネット悲鳴…「ウイルス消滅する道具出して」「コナンもそうなったら泣く」

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東宝が27日、「映画ドラえもん のび太の新恐竜」(今井一暁監督)の公開を延期するとHPで発表した。同作は3月6日に封切りされる予定だった。また、この決定を受け、3月7日に予定されていた公開記念舞台(東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ)も中止となった。公開日については、決定し次第、HPで発表するとしている。毎年、春休みの時期に合わせて公開される人気シリーズの公開延期はネットでも大きな話題となり、SNSにさまざまな意見が寄せられている。

 ツイッターには、「まじで?!うそでしょ?!」など、延期決定に驚く声のほか、「まあしょうがないよな」「やっぱりドラえもんも延期なんだね。そんな予感はしていたよ」と理解を示すコメントなど、幅広い意見が届いている。なかにはこの決定を「ドラえもん延期はまじで英断」「ドラえもん映画公開延期は大英断だろう。今学校会社休みになったら観に行っちゃう家族とかいそうだし」と評価するネットユーザーもいた。

 一方、作品が「ドラえもん」なだけに、このピンチに対し、ドラえもんに助けを求めるネットユーザーも目立った。SNSには「ドラえもんがいたらなぁー」「ドラえも~ん。コロナウィルスなんとかして~」「コロナウイルスを消滅する道具出して~」「ドラえも~ん、ウイルス吸い取っちゃう道具ないの~」といった声。なかには「ドラえもんがいたらお医者さんカバンでなんとかしてくれるだろうな~」など、作中に登場した具体的な道具に言及するファンの投稿も見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ