大龍柱の応急処置に着手 首里城、修復作業を公開へ

 昨年10月末の火災で正殿などが焼失した那覇市の首里城で27日、焼損した一対の大龍柱の応急処置が始まり、報道陣に公開された。手掛ける内閣府沖縄総合事務局によると、今後は場所を移し、修復作業を一般公開する方針。

 大龍柱は沖縄・与那国島の細粒砂岩を使い、高さ約3・1メートル。とぐろを巻き鎌首をもたげた竜が、正殿正面で向かい合う。火災後も立ったまま残ったが、黒くすすけて熱によるひび割れや欠損があるため、修復して展示する。首里城復元の際には、新たな大龍柱を作り直す方針だ。

 周辺の破損瓦の撤去が進んだため、この日は作業員らが柱を囲むように仮設の足場を設置。火災現場を一般公開する今春の大型連休の後に、焼損した奉神門に隣接する下之御庭に移し、プレハブ小屋を設置して外から修復過程を見えるようにする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ