マスクは1000円、配送料は1.5万円…ネット転売“ポチる”前に注意を

 マスクをはじめとする感染症予防の製品が高額で転売される状況を受けて、国内のネットショップの事業者は出品者に適正価格での販売を呼びかけている。通常より高い値付けで利益を得ようとする“転売ヤー”に圧力をかけた格好だ。フリマアプリ大手のメルカリのように、場合によっては出品者から事情を聞き、販売を停止させるなどの措置をとる企業もあった。ネットショップ事業者が出品価格への監視を強めたのに対して、一部の“転売ヤー”が高額で出品するのをやめて、荒稼ぎするはずだった分を配送料に上乗せしているのではないかと疑う人は多いようだ。

 購入画面で「送料が高いので確認してほしい」などと注意をうながす出品者もいたが、出品者に配送料で稼ぐ意図があってもなくても、気付かず買ってしまえば請求される額は同じ。マスクの品薄状態が改善されるまでは、ネットで購入する際には送料込みの価格まで慎重に確認する必要がありそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ