葬儀や供養… 遺言書、どう書く? お寺で実践する「終活テク」

 自ら人生の終わりに備える「終活」がブームになる中、寺院で生前の意思を残す書面を作成したり、葬儀や供養の相談をしたりする試みが広がっている。日頃から死に寄り添っている寺院では、自分の死後についてタブーなしで話しやすいという。寺では「死と向き合うことで、残りの人生をより良く生きるきっかけにしてほしい」としている。(上岡由美)

ゆいごん白書

 近鉄信貴山口(しぎさんぐち)駅から急な坂道を5分も歩けば、「日蓮宗光要山本照寺」(大阪府八尾市)がある。その境内の一角で1月中旬、人生の最期をどのように迎えたいかを家族に書き残すための講座が開かれ、府内外から30~70代の男女約20人が集まった。

 本堂見学を終えた後、参加者が約2時間かけて熱心に取り組んでいたのは、終活のためのチェックシート「ゆいごん白書」への書き込みだ。入院した場合の資産管理や延命医療の希望の有無、スマートフォンやパソコンに残るデジタル遺品の処理、ペットの預け先など、家族に伝えておくべき項目にチェックマークを入れるだけで完成させた。

 「お葬式に来てほしい人には、年賀状に印をつけておくといいですね」「葬儀社への生前予約をしておくといいでしょう」

 優しく参加者に語りかけたのは、この講座を企画した三田村英宗住職(48)の妻、浩子さん(46)。先代住職の突然死をきっかけに終活の必要性を痛感した浩子さんは昨年、ゆいごん白書の使い方を説明する認定講師となり、終活のサポートを行っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ