「ゴールデンカムイ」作者“出産ツイート”でファン混乱!? SNS「野田先生女なん!?」「奥さんが、だよね!?」 真相は…

 「週刊ヤングジャンプ」で連載中の人気漫画「ゴールデンカムイ」の作者として知られる漫画家の野田サトル氏が20日、ネットで話題になった。

 日露戦争後の北海道や樺太を舞台に、埋蔵金をめぐって繰り広げられるサバイバルを描いた同作。骨太なストーリーが人気で、「マンガ大賞2016」や「手塚治虫文化賞」(2018年)などを受賞している。

 ことの発端は、「ゴールデンカムイ」の公式ツイッターが同日投稿したツイートだ。そこには「本日(2/20)発売の週刊ヤングジャンプ12号、『ゴールデンカムイ』は野田先生が出産のためお休みです」などと書かれていたため、この文面から「野田氏=女性」と想像したネットユーザーが続出した。

 ツイッターでは「野田先生」がトレンド入りし、「野田先生女なん!?」「野田サトルが出産!?」「野田先生が女性だったことを今知った」「野田先生女性だったの?!荒川弘系作家だったのか」といった書き込みが殺到。一方で、「野田先生の奥さんが、だよね!?」「野田先生がってことじゃないよな?」という投稿に加え、「野田先生に奥さんがいても出産するのは野田先生かもしれないだろ」「野田先生クラスになると何らかを出産できるのかもしれんな」などのコメントも届くなど、SNSが大盛り上がりとなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ