マスク泥棒にネットも怒り「悪魔の所業」「転売ヤーから買わない」

 新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足が報じられるなか、神戸市の病院でマスク6000枚が盗まれていたことが18日、分かった。花粉症が本格化するシーズンが近付いていることもあり、マスクの需要が高まるタイミングで起きた事件にネットユーザーらも怒り心頭だ。

 産経新聞(電子版)などによると、被害に遭ったのは神戸市中央区の神戸赤十字病院。盗まれたのは医療現場や手術などに使用される「サージカルマスク」で、病院側は計4万円相当のサージカルマスクを段ボール4箱に分けて保管していた。兵庫県警葺合署は転売目的で盗まれた可能性もあるとみて、窃盗事件として捜査しているという。

 事件はツイッターでも関心を集め「神戸の病院」がトレンド入り。「マスク泥棒とか世も末すぎるな」「迷惑だから本当やめて」「マスクを必要とする医療機関から盗むなんて何を考えているんだ」「人間のする事ではない。悪魔の所業」などと怒りのコメントが相次いだ。「これからは金庫でマスク保管しないといけないのかな」「(昨年9月に)停電の千葉で発電機が盗まれたり、病気が流行ればマスクが盗まれる。随分、民度が落ちたなと。悲しいね」と嘆く投稿もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ