武漢で感染拡大招いた4万世帯参加の「万家宴」 意外な真相

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が、各地の国際イベントに波及し始めた。スペイン・バルセロナで毎年開催される世界最大のモバイル見本市は中止となり、上海で4月に予定されていたF1中国グランプリは「状況が改善するまで」延期が決定した。歴史作家の島崎晋氏は、新型肺炎の発生地である中国・武漢で「感染拡大の一因」と報じられた、ある大イベントに注目する。

 * * *

 中国武漢発の新型コロナウイルスの猛威はいまだ衰えるところを知らない。中国政府が認めているように、当局の初動対応に問題があったことは否めない。昨年末と言わないまでも、せめて年明け早々に詳細な事実が公表されていれば、春節(旧暦の正月)の移動を控える人はもっと多く、武漢市内で大イベントが開催されることもなかったはずである。

 ここで言う「大イベント」とは、「万家宴」という大食事会を指している。

 2月に入ってようやく、日本の各メディアもこのイベントについて言及し始め、2月8日付けの『読売新聞オンライン』には〈武漢『伝統の大宴会』感染拡大に拍車か…1月半ば、市場近く4万世帯〉という見出しが躍った。本文には〈1月半ばに開かれた地域住民による伝統の大宴会が、感染拡大に拍車をかけたとみられる〉〈4万世帯以上が料理を持ち寄って歓談する伝統行事「万家宴」〉などと書かれている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ