感染のタクシー運転手、屋形船で新年会 新たに2人陽性

 新型コロナウイルスに感染した東京都内に住む70代の個人タクシー運転手の男性について、東京都は14日、1月18日に屋形船で約80人が集まった城南地区の個人タクシー組合支部の新年会に出席していたことを明らかにした。接触者の検査を実施した結果、いずれも都内在住の組合支部の事務員1人、屋形船の従業員1人が陽性であることが判明した。

 都によると、新年会参加者のうち、約10人に発熱、肺炎などの症状が出ており、検査を進める。陽性が判明した屋形船の従業員は、新年会の前に中国湖北省からの旅行者と接触歴があるといい、都は詳しい状況を調べている。

 新年会は都内で運行されていた屋形船で貸し切りの状態で開催され、70代の男性ら組合支部の運転手や、家族ら計約80人が参加。都は参加者や屋形船の従業員ら計約100人が濃厚接触者に当たるとして、順次検査を進めていく。新たに陽性が判明した2人のうち、組合支部の事務員は新年会には参加していなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ