「芝野時代」到来か 囲碁十段戦五番勝負で村川と対決

 囲碁界で“芝野時代”の到来が現実味を帯びてきた。1月30日に打たれた第58期十段戦(産経新聞社主催)の挑戦者決定戦で、芝野虎丸二冠(20)=名人・王座=が第一人者の井山裕太三冠(30)=棋聖・本因坊・天元=に勝利。3月から、初防衛を目指す村川大介十段(29)との五番勝負に挑む。新旧交代をかけた大一番となりそうだ。

打ちぶり絶賛

 舞台となった日本棋院関西総本部(大阪市北区)は熱気に包まれていた。1月30日、持ち時間それぞれ3時間で行われた挑戦者決定戦。序盤から慎重に考える井山三冠の残り時間は1分だった。一方の芝野二冠は、31分も残していた。

 「(先を)読むのがむちゃくちゃ早い。しかも正確」。別室のモニター画面で対局を見ていた元十段の結城聡九段(47)は、芝野二冠の打ちぶりを絶賛した。

 一方、芝野二冠は「中盤あたりから、少し打ちやすくなったと思います」と、ひょうひょうと振り返った。52勝18敗で、3年連続して勝ち星・対局数が日本棋院所属棋士の1位となった昨年に続き、年が明けても絶好調のようだ。

 プロ6年目で初めて今期十段戦の予選を突破し本戦入りした芝野二冠は、本木克弥八段(24)や孫●(=吉を2つヨコに並べる)(そん・まこと)七段(23)、大西竜平五段(19)といった生きのいい若手を撃破し、一気に挑戦者決定戦まで進んできた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ