令和の“鉄道ミステリー”を追え JR山陽線トラブル、20キロ超離れた支線だけ影響

 兵庫県明石市のJR山陽線大久保駅で昨年11月に車両トラブルが発生し、同駅から東に20キロ以上離れた山陽線支線の和田岬線(神戸市兵庫区)だけでダイヤが大幅に乱れる奇妙な現象が起きた。当の山陽線本線には電車の遅れなどの影響が全く生じなかったというのだから首をひねるばかりだ。なぜ、こんな“鉄道ミステリー”が起こったのか。謎を追ってみた。(小林宏之)

工場従業員に影響

 車両トラブルがあったのは昨年11月19日。JR西日本近畿統括本部によると、この日夕、大久保駅3番線に4両編成の試運転中の電車が停車していた。

 予定では、電車は大久保駅を午後4時17分に出発。西に向けて走り、降雨時の走行試験を行うことになっており、車両には線路上に降雨状態を作り出すための散水用ホースが取り付けられていた。

 ところが出発前の午後4時頃、散水用ホースを固定する鉄製金具(長さ約70センチ、幅約5センチ、厚さ約5ミリ、重さ5・6キロ)がなくなっているのに乗車していた係員が気づき、大阪総合指令所に連絡した。

 付いているはずの固定金具の紛失は一大事。懸命に探したが見つからず、回送電車として1時間遅れの午後5時17分に大久保駅を出ていった。

 山陽線の本線自体はトラブルの影響はなかったが、ダイヤの大幅な乱れを起こしたのが、大久保駅から東に23・8キロ離れた山陽線支線の和田岬線。午後5時25分に出発する和田岬発兵庫行き普通電車が最大32分遅れるなど上り4本と下り5本の計9本が遅れ、約1300人が影響を受けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ