新型コロナ患者 静岡県の受け入れは9人 今後増加の可能性も

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」内で新型コロナウイルス感染者が増え続けている問題で、静岡県医療健康局は12日、これまでに県内の感染症指定医療機関で計9人の患者を受け入れたと発表した。

 6日夕に厚生労働省から要請があり、7日にまず4人を受け入れた。その後12日までにさらに5人を受け入れて、現在計9人が県内の感染症指定医療機関に入院している。入院先の病院数や患者の容体などは明らかにされていない。

 同局の鈴木宏幸局長は「本日も新たな患者が出たということなので、今後さらに国から要請があるかもしれない」と述べて、受け入れがさらに増える可能性を示唆した。12日午後時点で、9人の受け入れ患者を除けば、県内に感染者はいないという。

 県内で新型コロナウイルスの感染による肺炎に対応できる医療機関としては、地域ごとに10病院(計48床)が指定されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ