クルーズ船、全員検査は是か非か 揺れる政府の見解

 3500人余りの乗客乗員が待機を強いられているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。新型コロナウイルスの感染者拡大に伴い、全員に対するウイルス検査の是非をめぐって政府内で見解が揺れている。乗客には重症化リスクの高い高齢者や持病のある人が多く、全員を検査すれば感染者の早期発見にメリットがある。一方、検査の処理能力には限界がある上、結果的に待機期間が延びる可能性もあり、難しい判断を迫られているようだ。

 「国民の不安や懸念にしっかり対応していくことが大事。できるのであれば、やっていきたい」。加藤勝信厚生労働相は10日の記者会見でこう述べ、クルーズ船の乗客乗員全員の検査を検討していることを明らかにした。感染者の増加に伴い、検査の必要性を指摘する声も寄せられているという。

 一方、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は同日、「現状では厳しいものがある。発熱などの症状が出ている人、高齢の人を中心に先行して検査を行いたい」と全員の検査は困難との異なる認識を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ