クルーズ船新型肺炎感染者61人に 新たに41人 ウイルス検査対象拡大へ

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での新型コロナウイルスの集団感染で、厚生労働省は7日、新たに20代~80代の乗客41人が新型コロナウイルスに感染していたことを明らかにした。今後、東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡の1都4県の感染症病棟を有する医療機関に搬送される。これまで、発熱などの症状がある人や濃厚接触者など273人の検体を採取し検査を実施。船内での感染者はこれで計61人となった。

 新たに感染が判明した41人のうち日本人は21人。残りの国籍は米国8人、アルゼンチン1人、オーストラリア5人、カナダ5人、英国1人。年代別では、20代~40代3人▽50代3人▽60代8人▽70代21人▽80代6人で重症者はいないという。全員が感染症法に基づく措置入院となる。

 厚労省は「船内という閉ざされた空間に一定期間、一緒にいた中で、接触が繰り返された結果としてこれだけ増えたのだろう」と説明。新型コロナウイルスは高齢者や持病がある人で重症化しやすいため、症状のない人のウイルス検査を行うことも検討。今回陽性反応が出た人の濃厚接触者への検査も検討する。

 同船の乗客乗員は約3700人。国は感染者以外の人について、新型コロナウイルスの潜伏期間や感染拡大防止を考慮し、最大14日間、船内にとどまってもらう方針を示している。

 乗客らには基本的に個室で過ごすよう要請。マスク着用のほか、食事の際は周囲と2メートルほど距離を取るよう求めているが、強制力はない。今後は食料や薬の確保、健康管理などのケアも求められる。

 加藤勝信厚労相は7日の閣議後会見で、「乗客乗員の健康状態の確認を最優先しつつ、感染防止に万全の対策を講じる」と話した。

 一方、政府は6日、日本に入港予定だった別のクルーズ船「ウエステルダム」内でも新型コロナウイルスによる肺炎を発症した恐れのある人が確認されたため、乗船している外国人の入国を拒否することを明らかにしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ