平均倍率2・87倍 大阪私立高の出願状況

 大阪私立中学校高等学校連合会は6日、令和2年度の私立高校入試の出願状況(5日正午現在)を発表した。外部募集の志願者は専願、併願合わせて前年度比1367人減の6万8691人。外部募集を行うのは94校で、全体の外部募集人員2万3944人に対する平均倍率は2・87倍と、前年度を0・1ポイント下回った。

 私立高校を第1希望とする志願者の割合(専願率)は27・26%で、前年度比2・09ポイント増となり、4年連続の上昇となった。

 学校別の最高倍率は、男子校が明星(2・33倍)、女子校が四天王寺(3・52倍)、共学校が清風南海(6・75倍)となった。 

 また、中高連は5日付で新型コロナウイルスへの対応として受験に際し、マスク着用を認めるよう各校に呼び掛ける文書を送付した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ