茨城・取手の小学校給食に金属片混入、被害なし

 茨城県取手市教育委員会は6日、市立宮和田小学校で同日提供した給食に異物が混入していたと発表した。けがや健康被害などはないという。

 市教委によると、宮和田小で午後0時半ごろ、2年生の女子児童が給食の「豚肉と白滝のピリ辛炒め」の中に長さ約1・3センチで直径約1ミリの金属片が混入していることに気づき、担任に報告した。

 市教委はこの給食センターが他に給食を提供する幼稚園と小中学校8施設を確認したが、混入は確認されなかった。市教委が原因を調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ