新型肺炎、新たに10人感染 横浜・クルーズ船

 厚生労働省は6日、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員のうち新たに10人が新型コロナウイルスに感染していたことを明らかにした。神奈川県内の医療機関に搬送する。乗客乗員の感染確認は計20人。クルーズ船は同日、食料などの物資補給のため横浜港に着岸した。

 厚労省によると、5日までに乗客乗員のうち発熱やせきの症状がある人、濃厚接触者ら273人の検体を採取し、ウイルス検査を行っていた。5日までに31人の検査結果が出て、10人に陽性反応。さらに6日までに71人の検査結果が判明し、10人に陽性反応が出たという。

 同船の乗客乗員は約3700人。感染者以外の人は新型ウイルスの潜伏期間や感染拡大防止を考慮し、最大14日間、船内にとどまってもらう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ