ノザキのコンビーフ「枕缶」終了 「傷だらけの天使」「孤独のグルメ」ファンも涙

 川商フーズは15日、同社が製造、販売する「ノザキのコンビーフ」のパッケージをリニューアルすると発表した。70年もの間、販売していた台形型の「枕缶」の製造は既に終了しており、保存性に優れた「アルミック缶」(昭和電工パッケージング製)に変更される。ネットでは、おなじみの枕缶が姿を消すことを惜しむ声が多い。

 同社は枕缶コンビーフの販売終了について、ツイッターで「製缶等製造ラインが限界」に来ていると説明した。採用している100グラムの枕缶は日本にしかなく、コンビーフにしか使われない特殊な缶のため継続が難しくなったという。

 3月16日から発売するアルミック缶はシール蓋を採用しており、缶の側面の一部を「巻き取り鍵」で巻き取って開封する方式の枕缶より扱いやすいのが特徴だ。保存性にも優れており、賞味期限が3年から3年6カ月に延びる。一方、内容量が100グラムから80グラムに減り、価格が410円から395円になるためグラム単価は上がる。同社は「原材料や加工賃・物流費が大幅に上昇している」と消費者に理解を求めた。

 枕缶コンビーフは在庫がなくなり次第、販売終了となる。ツイッターでは「あのクルクル回して開けるのが楽しかったのに」などと惜しむツイートが多い。記念として、昼食にコンビーフを食べたと写真付きで報告する投稿も目立った。

 また、1974年10月から日本テレビ系で放送されたドラマ「傷だらけの天使」のオープニングで、主演の萩原健一さんが枕缶の上だけを外してコンビーフにかぶりつくシーンを振り返り「この食べ方は出来なくなるわけか…」と残念がる投稿もあった。

 人気グルメ漫画「孤独のグルメ」(久住昌之、谷口ジロー)で、主人公がコンビニで買ったコンビーフを自室で食べるシーンを引用して「もう、この缶の切り方とは会えないんだよ……」とつづるネットユーザーもいた。食卓だけでなく、カルチャーにも浸透した枕缶との別れの影響は小さくないようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ