平成31年・令和元年 国内10大ニュース

【1】天皇陛下ご即位 令和に改元

 皇室典範特例法に基づき、4月30日をもって上皇さまが譲位され、翌5月1日に天皇陛下が即位された。譲位による皇位継承は、江戸時代の光格天皇以来202年ぶりで、憲政史上初めて。これに伴い、30年余り続いた「平成」は幕を閉じ、同日「令和」に改元された。新元号は日本最古の歌集「万葉集」を出典とした。

【2】京都アニメーション放火殺人

 「涼宮ハルヒの憂鬱」などで知られるアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)で7月18日午前10時半ごろ、青葉真司容疑者(41)=京都府警が殺人などの容疑で逮捕状取得=がガソリンをまいて火をつけ、建物内にいた70人のうち36人が死亡、33人が負傷した。青葉容疑者も事件で重いやけどを負い、逮捕には至っていない。

【3】ラグビーW杯 日本8強

 9月20日から44日間にわたり、日本で初めて開催されたラグビーのワールドカップで、日本代表は強豪アイルランドに逆転勝利するなど4連勝で1次リーグを突破。初の8強に進出し、日本列島を熱狂させた。スローガンの「ONE TEAM」は令和元年の新語・流行語大賞にも選ばれた。優勝は3大会ぶり3回目の南アフリカだった。

【4】消費税 10%に引き上げ

 消費税率が10月1日に8%から10%へと引き上げられ、同時に、低所得者の負担を和らげるため酒類を除く飲食料品などの税率を8%に据え置く「軽減税率制度」も導入された。過去の増税時に経済を落ち込ませた反省から、政府は6兆円を超える景気対策も実施。目玉政策のキャッシュレス決済に伴うポイント還元も始まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ