今年は「天皇誕生日の祝日」なし ヤフーでは祝日扱いで障害も ネット「令和なのに2000年問題か」

 23日は休日? 「天皇誕生日の祝日」をめぐりツイッターが沸いている。

 12月23日がお誕生日の現在の上皇さまが4月30日に譲位され、2月23日がお誕生日の天皇陛下が5月1日に即位されたため、今年は祝日法施行後初めて「天皇誕生日の祝日」がない年だ。天皇陛下が即位された5月1日、「即位礼正殿の儀」の10月22日が祝日扱いで、今年の祝日・休日は、同法が制定されて以来最多だった昨年の20日間を上回る22日間になった。

 ツイッターでは、23日を例年通りに休日だと勘違いして「うっかり会社を休みそうになってしまった」などのつぶやきが相次いでいる。クリスマスイブの前日、通称“クリスマスイブイブ”は休みだという考えが、多くの人に染み付いていたようだ。

 一方、ビジネスパーソンらの間にも混乱があった。インターネット大手のヤフーの金融情報サイト、ヤフーファイナンスは午前から、トップページに「日本の証券市場はお休みです。-天皇誕生日」と掲出。誤って同日を休日に設定し、データが更新されなかった。昼過ぎから「日本株、国内指数のチャートが正しく更新されていません」とし、復旧に努めているという。

 また、同様の不具合が会社のシステムで発生したため、外部と連絡をすることができない事態になってしまったというビジネスパーソンは、コンピューターの誤作動が懸念された約20年前の「2000年問題」を持ち出して「令和元年最後に2000年問題みたいなのに遭遇するとは思わんかった」などとこぼしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ