グレタさん「列車大混雑」投稿にネット「日本の満員電車に乗ってみろ」

 スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)とドイツ鉄道との小競り合いが、日本でも“脱線”気味に話題になっている。

 グレタさんは日本時間15日に、ドイツ鉄道の車内に座り込む自分の写真と「大混雑の列車でドイツを移動中。ようやく家に帰れる」とのコメントをツイッターに投稿した。

 この写真で、グレタさんは席に座れなかったとの印象が広がった。ネットユーザーから批判された鉄道会社は「1等車の乗務員らがどれだけ友好的で有能であったかを伝えてくれたら嬉しかった」などと皮肉を込めて返信し、グレタさんはかなりの区間で1等車の車両の座席にいたと反論した。

 これを受けてグレタさんは、トラブルが起きたため別の2つの列車に乗り換えて床に座り、途中からは席に着いたので問題はなかったと経緯を説明。旅客機などと比べて環境負荷が少ないとされる列車の需要が高いことは素晴らしいと書き込んだ。

 一方、日本のツイッターでは思わぬ方向に炎上した。グレタさんが投稿した写真は、列車内のちょっとしたスペースに荷物とともに1人でポツンと座っているシーンで、背後にも横にも他の人は見当たらない。この写真の影響なのか、混雑する都心の鉄道事情に言及し「日本の満員電車に乗ってみろ」といったコメントが相次いでいる。グレタさんの投稿とかみ合っていない投稿もあったが、通勤や通学で毎朝不快な思いをしているのに加えて年末に鉄道での帰省を予定している人もおり、苛立ちを募らせたコメントが多かったようだ。こうした反応に対して、日本の満員電車を誇るような言い方をするべきではないと指摘する声も出ている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ