相鉄とJR東の相互直通運転がいよいよスタート! タモリも祝福!? ネット「思った以上に胸熱」「今夜は寝れません!」

 相模鉄道(相鉄)と東京都心部を結ぶJR東日本との相互直通運転が30日、いよいよスタートする。首都圏の大手私鉄9社でありながら、これまで唯一、都内に乗り入れていなかった相鉄にとって、今回の相互直通運転はまさに長年の悲願。また利用者の利便性も格段に上がるとあって、さまざまなメディアがこのプロジェクトを大きく取り上げている。相鉄利用者だけでなく、多くの鉄道ファンもこの計画に注目。本番を目前にした29日、ネットでも「いよいよ明日!」などの言葉が躍り、大きな話題となっている。

 相鉄は、横浜駅と海老名駅を結ぶ「本線」と、その途中にある二俣川駅から分かれ湘南台駅へと向かう支線の「いずみ野線」の2路線で構成されている。今回の相互直通では、本線にある西谷駅から分岐して、新設された「羽沢横浜国大駅」を経由。そこからJR東海道貨物線に入り、一気に武蔵小杉駅へと向かう。その後、西大井駅、大崎駅、恵比寿駅、渋谷駅に停車して新宿駅に到着。一部では、埼玉県の大宮駅や川越駅まで走る車両もある。二俣川駅から新宿駅までの所要時間は最短で44分となり、湘南台駅から渋谷駅までも最短54分で結ぶ。

 29日、待ちきれない鉄道ファンたちがSNSに集結。ツイッターには「明日から相鉄とJR乗り入れかぁ」「相鉄のJR直通運転開始に思った以上に胸が熱くなってる自分に驚いた」などと感慨にふける声や、「明日の相鉄・JR直通線、乗りに行きます」「私も今夜は寝れません!明日の相鉄JR直通一番列車に乗るために」と前のめりな書き込みが目立っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ