「初心で職務に邁進」 大阪府警・黒川洋二警部補 近畿の警察官表彰式

 近畿2府4県の優秀な警察官を顕彰する第133回「近畿の警察官」(産経新聞社提唱、府信用金庫協会など協賛)は27日、大阪市天王寺区の大阪国際交流センターで表彰式が開かれ、府警からは組織犯罪対策本部の黒川洋二警部補(49)が表彰を受けた。黒川警部補は「栄えある賞をいただき、とても光栄。この賞に恥じないよう、初心に戻って職務に邁進(まいしん)したい」と決意を語った。

 黒川警部補は刑事として20年近く暴力団捜査に携わり、暴力団壊滅へ数々の重要な事件を摘発してきた。現在も暴力団の情報収集や分析などに活躍している。

 表彰式では、制服姿の黒川警部補が妻のかおりさん(49)とともに登壇。産経新聞社の扇谷英典大阪代表から「長きにわたり暴力団捜査に携わり、数々の暴力団事件捜査に従事し、暴力団検挙、組織壊滅へ大きく貢献した」などとして表彰状を手渡された。その後、かおりさんから胸元に純銀の警察官章バッジを着けてもらうと、会場から大きな拍手が送られた。

 式典後、黒川警部補は今後の目標について「府民のみなさんが安心して暮らせるよう、府警の仲間と一緒に汗をかきながら頑張っていきたい」。かおりさんは「周りの方に支えていただき、本人も真面目に仕事に打ち込んできたことで表彰していただけた。誇りに思います。これからも体を壊さず、大阪の治安を守っていってほしい」と笑顔をみせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ