アメリカの伝統料理「プルドポーク」 裂けるソフトな“肉肉しさ”

【近ごろ都に流行るもの】

 日本でほとんど知られていなかったアメリカの伝統料理「プルドポーク」の人気が広がりつつある。脂身の少ない豚の腕や肩の肉塊を低温でじっくり加熱。武骨な見た目とは裏腹に、ホロリと崩れる柔らかさが特徴で、力を入れずにPulled(プルド=引っ張った・裂いた)できる。今年の新語・流行語大賞にノミネートされた「肉肉しい」食感とうまみは、日本人の味覚にもマッチ。年明けには日米貿易協定による関税引き下げが見込まれる中、手頃な米国産豚肉とともに、一気に身近になるかも? (重松明子)

 隅田川にかかる清洲橋の東岸にあるバーベキュー料理店「ピットマンズ」(東京都江東区)。水面を臨むテーブルに、香ばしい空気が漂ってきた。バーガーを大口を開けてほおばる。弾力のあるバンズをかみしめるたび、ホロホロにほどけた肉の間から、ジュワ~ジュワとうまみがとろけだす…。

 同店で最も売れているのがこのプルドポークバーカー(ポテト・サラダ・ドリンクバー付き1650円)だ。客入りの多い週末、1日約160食出るランチセットの3割以上を占める。「豚肉のイメージを覆す柔らかさで、小さなお子さんからシニアまで食べやすくシェアもしやすい。平日は30~50代のオシャレな女性が中心、休日はカップルやファミリー層など、幅広く注文されています」と広報担当の天田満美さん(48)。

 脂っぽさやクセがない。米国産豚肩ロースの塊をスパイスとハーブ、ビネガーのタレに漬け込み、店内の溶岩石レンガのグリルで約9時間、低温で熱を入れる。蒸し焼きなどの工夫で肉内部のジューシーさを保っているそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ