幸楽苑、中華そば先着100人10円が話題 SNS「太っ腹だね~」「なんで滋賀県には…!」

 ラーメン店「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングス(本社・福島県郡山市)が20日、台風19号で浸水被害を受けた工場の復活記念として、29日と12月6日の2日間、全国の店舗で先着100人に「中華そば」(440円)を10円で提供すると発表した。このサービスに、多くのラーメン愛好家たちがネットで喜びの声を上げている。

 幸楽苑は台風19号で麺やギョーザを製造する同市の工場が浸水し、東北や北関東などの店舗が一時休業に追い込まれた。その後、工場は復旧。12日に全店が通常営業に戻った。同店の主力商品が10円で食べられるとあって、SNSには「きゃー、これは混雑しそうだわ…」「すごいな。行ってみよ!!」「太っ腹だね~」「今すぐ行きたい!」「1杯10円とか衝撃的すぎないか…?」などの書き込みが殺到。地元からも「被災してたんだ…再開できてよかったー!!福島県民の心の味だもんねー」「応援する気持ちにしかならない。さすが福島県!何度だって、立ち上がります!!」といったコメントが寄せられている。

 HPによると、同店は21日現在で全国に517店舗ある。しかし、北海道と中国、四国、九州には店舗がないため、「福山にもその昔、新涯と駅家に2店舗あった幸楽苑なんだけど、今はもう中国地方から西には1店舗もないんだよね」「うおおおお!!なんで滋賀県には1店舗もないんや!!!」などと残念がるユーザーもいた。

 同社は従業員の働き方改革の一環として、全国の店舗で一部を除いて12月31日は営業時間を短縮。2020年1月1日は終日休業とすることも発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ