大嘗宮の一般参観始まる 皇居東御苑、12月8日まで

 皇位継承に伴う重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の舞台となった大嘗宮(だいじょうきゅう)の一般参観が21日、皇居・東御苑で始まった。12月8日までの18日間で、入場時間は午前9時から午後3時まで。

 大嘗宮は14日夜から15日未明にかけて行われた「大嘗宮の儀」で、天皇陛下が五穀豊穣(ごこくほうじょう)や国と国民の安寧を祈られた悠紀殿(ゆきでん)や主基殿(すきでん)、全国の特産品が供えられた庭積帳殿(にわづみのちょうでん)など、約40の建物で構成。儀式のためだけに造営され、参観を終えると取り壊される。

 宮内庁は、紅葉の時季に恒例となっている皇居・乾通りの一般公開も30日から12月8日まで行う。期間中は大嘗宮の参観とともに、モミジの紅葉が楽しめる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ