任天堂が国内初の直営店を22日オープン ポケモンセンターでは“渋谷系ピカチュウ”も

 「スーパーマリオ」で知られるゲーム大手の任天堂は19日、渋谷パルコ(東京都渋谷区)内で、国内初の直営店「ニンテンドートウキョウ」を報道陣に公開した。22日の渋谷パルコ開業に合わせてオープンする。

 ゲームソフトや、オリジナルTシャツなどの限定グッズを販売するだけでなく、イベントを実施し、情報発信の場として活用することでファン層の拡大を図るという。

 同社の広報担当者は「スマートフォン向けゲームが普及しており、任天堂の注力する家庭用ゲームを知ってもらうために一層の努力が求められている。家族連れや外国人観光客が気軽に楽しみ、(任天堂の)ゲームソフトを手に取るきっかけになる施設になれば」と期待を込めた。

 ニンテンドートウキョウの向かいは、同社が販売するゲーム「ポケットモンスター」のキャラクターグッズを扱う「ポケモンセンターシブヤ」が開店する。文化の発信地である渋谷の特徴に合わせて、壁にスプレーなどで描く「グラフィティアート」をイメージした柄の「ピカチュウ」のぬいぐるみなどを限定販売するという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ