二郎強し? AIが選んだ「東京の美味しいラーメン店」に疑問も

 東大発のベンチャー、TDAI Labが12日、「AIが選ぶ本当に美味しいラーメン百名店 in 東京 2019」を発表した。インターネット上での評判を参考に、独自の方法で都内のラーメン店を評価。1位から1161位まで順位をつけた。ラーメンマニアをも唸らせる納得のランキングだ、と聞こえてくる一方で異論も出ている。

 同社はグーグルが店舗向けに提供している情報管理サービス「Googleマイビジネス」の情報を利用。今年1月1日以降にレビューが100件以上ある店舗、個人レビューの履歴が5件以上あるレビュワーを調査対象にした。同社開発の、情報を点数化(スコアリング)するAI「WISE REVIEW(ワイズレビュー)」で、信頼できるレビューを数値化してランキングを作成。故意に悪評ばかりを書き込む“アンチ”や、利害関係にある人が無関係を装い高く評価する“サクラ”が入り込むのをAIで検知して防いだという。

 トップに輝いたのは「青島食堂秋葉原店」。トップ5には「ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店」(2位)、「ラーメン二郎三田本店」(3位)、「ほっこり中華そばもつけ」(4位)、「らぁ麺はやし田新宿本店」(5位)がランクインした。

 人気の青島食堂が1位を獲ったことに「納得した」「流石AI」などとSNSに書き込む人がいる一方、ラーメン二郎が上位に2店も入ったことについては「インターネット上にある一部の二郎ファンの意見が強く反映されたのでは」と考える人もいた。トップ100で見ると、ラーメン二郎の本店及び系列店が8店ランクインしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ