あらゆる信長をまとめた「信長名鑑」 肖像画、スマホゲーも

 「信長公記(しんちょうこうき)」から萌え系ゲームまで-。史実とされる書物や、漫画・アニメ・ゲームなどのフィクション作品に登場する、戦国武将の織田信長をまとめた「信長名鑑(しんちょうめいかん)」(姫川榴弾、太田出版)が14日、発売された。

 同書に掲載されるのは585作品、703人の信長と、信長をモチーフにしたキャラクター。教科書などでおなじみの肖像画「紙本著色織田信長像」(1583年)をトップバッターに据え「数多くの信長創作物の先頭に立つ原点」と評価したり、タイムスリップをテーマにした石井あゆみさんの漫画「信長協奏曲(コンツェルト)」(小学館、2009年)のストーリーに触れたりと、さまざまな信長を紹介していく。

 同書では、史実に基づく人物像とスマートフォン向けゲームで“萌キャラ化”した信長、漫画に端役で登場しただけの信長、オンラインゲームでセクシー女優が扮した信長などが並べられており、SNSでも「カオスすぎる」などと話題になった。信長マニアにはたまらない(?)充実ぶりだが、著者の姫川氏は同書で「まだまだ調査は継続中」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ