14日に大嘗宮の儀 儀式の詳細は「秘事」

 皇位継承に伴う一世一度の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14日、皇居・東御苑内に建設された大嘗宮で始まる。皇室行事として、天皇陛下が新穀を神々に供えて自らも食し、国と国民の安寧や五穀豊穣(ほうじょう)を祈られる。

 主要部分は例年の「新嘗祭(にいなめさい)」などと同様、公開されず、宮内庁は儀式の詳細については「秘事」を理由に明らかにしていない。平成時には儀式が「天皇が神格を得る意味合いがある」との学説から宗教色を問題視する指摘があったが、同庁はこの学説は否定している。

 14日は午後6時半から、大嘗宮の「悠紀殿(ゆきでん)」で、まず「悠紀殿供饌(きょうせん)の儀」が行われる。侍従が三種の神器のうち剣と璽(じ)(勾玉(まがたま))を悠紀殿内の台の上に置いた後、陛下が殿内に入られる。陛下は栃木県高根沢町で収穫された米と粟(あわ)、新穀で造った白酒(しろき)・黒酒(くろき)などを供え、御告文(おつげぶみ)を読んだ後、自らも新穀と神酒を召し上がる。悠紀殿供饌の儀は午後9時過ぎに終えられる見通し。

 続いて15日午前0時半から午前3時過ぎまでは悠紀殿に隣接した「主基殿(すきでん)」で「主基殿供饌の儀」が行われ、陛下が京都府南丹市の新穀などを供えられる。

 両儀式には皇后さまをはじめ皇族方がご参列。首相ら三権の長や国会議員、都道府県知事ら約700人が招待されている。

 13日には大嘗宮を報道関係者に公開。また、大嘗宮の安全を祈る「大嘗祭前一日大嘗宮鎮祭」が悠紀、主基の両殿などで行われた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ