「祝賀御列の儀」両陛下、宮殿をご出発 パレード始まる

 天皇陛下が即位に伴い、皇后さまと一緒に車でパレードされる国事行為「祝賀御列(おんれつ)の儀」が10日午後、始まった。両陛下のお車を中心とした約400メートルにも及ぶ車列は同日午後3時ごろ、皇居・宮殿を出発した。宮殿前では、宮内庁や皇宮警察の職員ら計約600人が整列して見送った。

 パレードのコースは宮殿から赤坂御所までの約4・6キロで、途中の沿道には、両陛下のお姿を一目見ようと多くの人が詰めかけている。

 両陛下はまず、宮殿の南車寄せにお出ましに。陛下はえんび服姿に勲章、皇后さまは格式高い白のロングドレスにティアラと勲章を着け、宮内庁楽部による君が代の演奏の後、今回のパレードのために新調されたトヨタ・センチュリーのオープンカーに乗り込まれた。

 続いて、陛下のご即位を祝い新たに作られた奉祝行進曲「令和」の調べとともに、両陛下が乗られたオープンカーがゆっくりと走り出した。

 車列には秋篠宮ご夫妻のお車のほか、安倍晋三首相、菅義偉官房長官、山本信一郎宮内庁長官らの車が加わり、警視庁や皇宮警察の白バイ、サイドカーなどを含め約50台が連なった。

 パレードは「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」などと合わせて10月22日に行われる予定だったが、台風19号などの甚大な被害を考慮して延期されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ