中国航空各社、週1000往復に 日本線、規制緩和で最多 韓国は減便

 中国の航空各社が10月27日からの冬ダイヤで、日本路線を総計で1週間に1130往復超へ大幅に増やし過去最多となったことが5日、分かった。週1000往復を超えたのは初めてで、韓国の航空各社を抜き国別で首位になった。日中が9月に合意した規制緩和が大きな要因。日中関係改善も追い風に中国人観光客がさらに増えそうだ。

 国土交通省によると、今年3月にスタートした夏ダイヤに比べ230往復以上増える異例の拡大で、中国の首位は平成21年の夏ダイヤ以来。一方、韓国は約500往復減少した。元徴用工訴訟問題などをめぐる日韓対立が影響した。

 成田空港では今年の夏ダイヤまで中国の航空会社の乗り入れを週99往復までに制限していた。規制緩和で冬ダイヤでは210往復に緩め、来年3月以降は310往復、令和3年3月以降は410往復に拡大する。「既に310往復を上回る要望が来ている」(政府筋)という。羽田空港でも来年3月に規制を緩和する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ