光の並木道 御堂筋イルミネーション、始まる

 大阪市を南北に貫くメーンストリート・御堂筋(約4キロ)で4日、沿道のイチョウ並木を優しい光で包む冬の風物詩「御堂筋イルミネーション」が始まった。12月31日まで。

 この日の午後5時半ごろ、イチョウ並木につけられた約130万個の発光ダイオード(LED)が一斉に点灯。幻想的な光景が夜の街に浮かび上がり、拍手や歓声が起こった。

 ライトアップは大阪府市や経済団体などが主催する「大阪・光の饗宴(きょうえん)」の一環で、今年で11回目。期間中は御堂筋が桜色や青、紫、黄色で光輝き、彩りの変化を楽しめる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ