「ポケモンGO」国内初の有料イベント、980円の価値はある?

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で11月2日(土)、国内初の有料イベント「巨大ポケモンの謎を解け!」が開催される。11月からEXレイドボスになるきょだいポケモン「レジギガス」を一足先にゲットできる他、レイドパスなど複数の特典が付いてチケットは980円。果たしてその価値があるのか考えてみたい。

きょだいポケモン「レジギガス」

きょだいポケモン「レジギガス」

 ポケモンGOの場合、有料イベント自体は珍しくない。これまでも海外では、参加者にだけポケモンが大量発生する「Pokemon GO Safari Zone」などがあり、今年9月にカナダで行われたものはチケット代が12カナダドル(当時の日本円レートで約960円)だった。ただし、日本で過去に実施されたリアルイベントは全て無料。今年8月の「Pokemon GO Fest Yokohama」も参加者は抽選で選ばれた。

 「巨大ポケモンの謎を解け!」の場合、チケットはゲーム内で入手できる「ポケコイン」では購入できず、キャリアのスマホ決済などを利用する必要がある。チケットはイベント当日の午後5時まで購入でき、販売数(参加者数)の上限もなし。プレイする場所も選ばない。いわゆる“課金”が前提となるが、それ以外のハードルはかなり低い。

これがチケット。購入すると道具箱に現れる

これがチケット。購入すると道具箱に現れる

 イベントは午前11時から午後7時まで。イベント限定のスペシャルリサーチ「巨大ポケモンの謎を解け!」を進めると、初登場の「レジギガス」にいち早く出会えるほか、特定のポケモンを進化させる「イッシュのいし」「シンオウのいし」、アバターの「限定ポーズ」、レイドパス10枚がもらえる(当日の無料パス1枚を含む)。

 問題は、もらえるレイドパスがショップで売られている「プレミアムレイドパス」ではなく、通常の無料レイドパスと同じという点だ。所持できるのは1枚のみ。レイドバトルを1回終え、ジムでフォトディスクをまわすと次の1枚が入手できる仕組みで、1枚を除いて翌日に持ち越せない。つまり最大数を使おうと思えば、午前11時から午後7時までのイベント時間中に9回レイドに参加する必要がある。当日、それだけの時間が確保できるかが課題になりそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ