「両陛下も大変残念」首里城火災で宮内庁

 宮内庁侍従職は31日、首里城の火災を受け、「沖縄の歴史や文化を象徴する首里城が焼失したことについて、天皇、皇后両陛下が大変、残念に思われている」とする両陛下のお気持ちを明らかにした。

 天皇陛下は皇太子時代の平成13年4月、「全国『みどりの愛護』のつどい」への臨席のため沖縄県を訪れた際、首里城を視察されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ