饗宴の儀第3日、王貞治氏ら参列 立食形式で開催

 天皇陛下のご即位を祝い、国事行為として行われる「饗宴(きょうえん)の儀」第3日の祝宴が29日、皇居・宮殿で開かれた。地方自治体の首長や各界代表ら600人超が招待され、天皇、皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻をはじめ皇族方が立食形式の祝宴をともにされた。

 この日は、プロ野球ソフトバンクホークス球団会長の王貞治さん、女子レスリング五輪4連覇の伊調馨さん、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんの姿も。陛下は午後3時ごろ、皇后さまとともに宮殿の「豊明殿」に入り、「国民の幸せと国の一層の発展を祈ります」とお言葉を述べられた。

 饗宴の儀は平成の代替わりでは計7回開かれたが、令和では両陛下のご負担などを考慮して4回に減らし、後半2回を立食形式にするなど簡素化。最終日の31日は、各国の駐日大使らが招かれる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ