世界遺産登録に大貢献 昇進した「ハニワ部長」の過酷ノルマ

 百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群の世界文化遺産登録で地道なPR活動が評価され、「課長」から「部長」に昇進した堺市のPRキャラクター「ハニワ部長」。辞令交付の際、大風呂敷とも思えるノルマを自らに課してしまい、永藤英機市長から「達成できれば局長に昇進、できなければ降格」と返されるなど大ピンチに…と思いきや、本人は自信ありげだ。それどころか「ノルマ以外にもやりたいことがある」と、くぼんだ大きな目を光らせる。ハニワ部長の「野望」とは-。

自分で自分の首絞めた?

 「私のグッズを民間企業に20種類販売してもらう」「フェイスブックで2万『いいね!』を1年間で獲得する」-。8月28日の辞令交付の際、ハニワ部長は永藤市長の前で高らかにこう宣言した。

 すると永藤市長からも課題が。埴輪(はにわ)や勾玉(まがたま)、剣といった副葬品をはじめとする古墳文化自体の価値を広く知ってもらう-という任務で、「部長」のほかに「CHO(チーフ・ハニワ・オフィサー)」の肩書も頂戴した。

 7月の世界遺産登録後、テレビや新聞などメディアの取材・出演が増え、イベントにも引っ張りだこになるなど、ただでさえ多忙を極めているところに3つのノルマ。自分で自分の首を絞める結果となり、「階級が1つ上がって一挙に仕事が増えた」とぼやく。

 ただ、言葉とは裏腹に、ノルマ達成には自信をのぞかせる。

 まずはグッズ販売。市から出る予算はゼロで、民間企業に自ら“営業”をかけなければならないが、「うまくいけば年内に達成できるかも」と豪語する。

 実は、ハニワ部長は以前から高島屋堺店でも、古墳群の世界遺産推進関係の「PR担当課長」を“兼務”しており、10月2日には「古墳群PR担当部長」に昇進している。その高島屋堺店から「何か商品を考えてあげる」と言われているというのだ。

 「食品売り場などに置く食品が中心になりそう。高島屋さんにご協力いただけるのは心強い限り」

 キャラクターグッズも模索中だ。現在、玩具カプセルの中に入れる「ハニワ部長フィギュア」を作製・販売してもらうべく業者にアプローチをかけており、好感触を得ているという。

 「継続して売れ、海外の人にもお土産として持ち帰ってもらえるようなグッズを作りたいですね」

弱点を克服

 2万「いいね!」獲得はどうか。5千だった昨年度の4倍。こちらもハードルが高そうだが、あまり心配はしていないようだ。

 メディア露出の機会が増えたおかげで知名度は一段とアップ。以前はそのシュールな風貌から幼い子供に泣かれていたが、「最近は乳児はともかく、子供の方から寄ってきて、『ハニワ部長、世界遺産おめでとう』と声をかけてくれます。世界遺産登録や部長に昇進したことまで知ってくれているんです。うれしいですね」。弱点を克服し、幅広い年齢層に好感度を持たれるようになったことが自信の背景にある。

いでよ、第2、第3のハニワ部長

 一方、永藤市長から課せられたノルマ達成は難題のようだ。

 「非常に重要なミッション。ただ、こんな身なりなので、真面目なことを言ってもみなさん聞いてくれるかどうか…」と、初めて不安をのぞかせた。

 だが、ハニワ部長には「秘策」がある。3つのノルマとは別に取り組んでいる「ハニワ部」である。

 「PR活動をする人を増やそうということで、市職員に声をかけています。市役所の正式部署ではなく、クラブ活動みたいなものです」。クラブ活動ゆえ、ほぼ無償のボランティア。やる気と覚悟が必要だ。にもかかわらず、庁内から希望者が相次いでいるという。

 同志がたくさん集まれば、さまざまなアプローチが可能となり、活動の幅は広がる。「これまではイベントで『ハニワ課長で~す』と言っていればよかったのが、勢いだけではだめで頭を使わなければいけなくなりました。ハニワだけに頭は空っぽなんですが、部員の知恵も借りながら何とかやっていきたい」。ハニワ部は全てのノルマ達成のカギとなりそうだ。

 さらにハニワ部長は「部員の中から第2、第3のハニワ課長、ハニワ部長が生まれてほしい。ゆくゆくは役所内だけでなく市民にも輪が広がってくれれば」と、控えめな口調ながらも“野望”を口にした。

命尽きて土に返るまで

 ところで、気になるのはハニワ部長の仕事量。課長時代に比べ2倍に増え、イベントなどでサラリーマンらしき男性から「お前もたくさんノルマをかけられて大変やな」と同情の声をかけられることが多くなったという。

 だが、ハニワ部長はこの1年が勝負と見ており、声がかかるイベントは可能な限り顔を出し、自分からも探して参加していきたいと意気込む。

 「倒れて粉々になって土に返るのが先か、もう要らんと言われるのが先か。ハニワなので骨はありませんが、粉骨砕身、命尽きるまでやり抜きます」

 ハニワ部長 約1600歳、独身。堺市堺区の収塚(おさめづか)古墳近くで生まれたとされる。なぜか堺市役所に勤める公務員だと思い込み、市の古墳群PR活動を手伝い、平成26年5月、市のPRキャラクターに。「開いた口がふさがらない」「土に返りたい」といった軽妙トークで人気を集め、さまざまなイベントに登場して登録機運を盛り上げてきた。なかなか国内推薦を得られず、「もう土に返る」と何度も引退を考えたが、今年7月、古墳群は世界遺産に登録。地道な活動が評価され、令和元年8月28日の「ハニワ(828)の日」に部長へ昇進した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ