「饗宴の儀」2日目 国内関係者ら参列

 天皇陛下のご即位を祝い、国事行為として行われる「饗宴(きょうえん)の儀」第2日の祝宴が25日、皇居・宮殿であり、天皇、皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻をはじめ皇族方が国会議員や各界代表ら参列者約400人と昼食をともにされた。

 この日は国会議員のほか、元三権の長や元皇族、日本学士院・日本芸術院会員、海外日系人代表らが参列。京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授や、元号「令和」の考案者とみられる国際日本文化研究センター名誉教授の中西進氏らも招かれた。

 正午過ぎ、モーニング姿の陛下とロングドレス姿の皇后さまが、宴会場の「豊明殿」にお出ましになり、祝宴がスタート。陛下が「ここにみなさんと饗宴をともにすることを誠に喜ばしく思います」とお言葉を述べられた後、安倍晋三首相が祝詞を述べ、雅楽の演奏とともに日本料理の食事が振る舞われた。

 饗宴の儀は、22日に行われた「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿(せいでん)の儀」の参列者や、その配偶者らを招いて計4回開催。第1日の22日は正殿の儀に参列した外国元首ら約300人が出席した。29、31日は各界代表や各国の駐日大使らを招いて立食形式で行われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ