文科相「言語道断」 副大臣ら現地派遣へ 教員間いじめ

 萩生田光一文部科学相は11日の閣議後記者会見で、神戸市立東須磨小の30~40代の男女教諭4人が20代の男性教諭らをいじめた問題について「いじめは絶対に許されないということを指導する立場にもかかわらず、言語道断であり極めて遺憾だ」と述べた。15日に亀岡偉(よし)民(たみ)副大臣と佐々木さやか政務官を現地に派遣し、市教委から経緯などの聞き取りを行うことを明らかにした。

 萩生田氏は市教委に、教育活動に支障が出ないよう児童たちの心のケアなどに努めることを求め、「懲戒処分を含めた関係者への厳正な対処をしていただきたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ