台風19号 週末の列島直撃へ 西、東日本に上陸見通し

 大型で猛烈な台風19号は10日、小笠原諸島の西で北上を続けた。12~13日に非常に強い勢力を維持して西日本から東日本に接近、上陸する見通し。今週末の日本列島は広範囲で、暴風や大雨となる恐れがある。気象庁は土砂災害や浸水、河川の氾濫、高潮に厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風が非常に強い勢力で上陸したケースとしては、関西空港でタンカー衝突が起きるなど大きな被害が出た昨年9月の台風21号がある。実際に上陸すれば、これ以来となる。台風19号は12日午前に紀伊半島沖まで進む。その後、東寄りに移動し13日午前には三陸沖に達する見込みだ。

 小笠原諸島は11日にかけ非常に強い風や猛烈なしけとなる。西日本や東日本は11日午後から風雨が強まり、12~13日は北日本から西日本にかけて猛烈な風、大雨になりそうだ。特に東日本で雨量が多くなるとみられる。海上は大しけとなり、高潮にも注意が必要だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ