吉野彰さん会見「研究はマラソンに似ている」 妻「お疲れ様でした」

 今年のノーベル化学賞に決まった旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)が授与発表から一夜明けた10日、東京都内で妻の久美子さん(71)と記者会見し、「(受賞後の)反響のすごさに驚いている」と述べた。久美子さんは「夢のようです。すごくうれしいです」と笑顔で話した。

 吉野氏は研究をマラソンに例え、「研究はマラソンに似ている。研究は苦しいが乗り越えるとランナーズハイになり、楽しくなる。ゴールには宝物がある」と述べた。

 また、妻の久美子さんが結婚当時を振り返り、「結婚するにあたって、私はサラリーマンの人と結婚するのであって、学者の妻になろうとはつゆほども思っていなかった」とし、「もっとしっかり何事もやっていれば」とはにかんだ。

 それを聞いた吉野氏は「大事にしとけばよかったなという意味です」と解説。久美子さんは「お疲れさまでした。健康に十分に気を付けてください」と話し、吉野氏は「やるべきことをやりました」と返した。

 また、京都大出身者のノーベル賞受賞者が多いことについて「人がやっていないことをやるという反骨精神がある」と指摘した上で、現役の研究者にそうした精神を「貫いてほしい」とエールを送った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ