「語感が似ている」と起用 ポケモン「ヤドン」が香川で大活躍

 香川県がポケットモンスターのキャラクター「ヤドン」のパラダイスとなっている。ゲームやライセンス事業などを手がけるポケモン(東京)と同県が昨年、観光や県産品の振興に向けた協定を締結。「うどん」と語感が似ているヤドンを「うどん県PR団」に起用したためだ。県内にはヤドンがデザインされたマンホールのふたが設置され、10月からは、ヤドンのイラスト入りの揚げがトッピングされたさぬきうどんも味わえる。ポケモンファンは「香川にGO」だ。

 ■16市町にヤドンのマンホール

 9月20日午後、高松市の商店街で関係者が道路の覆いを外し、新しいマンホールふたをお披露目した。ふたの図柄は、橋を背に寝そべるヤドン。市職員は「橋は国の特別名勝・栗林公園(同市)にある偃月橋(えんげつきょう)を思わせる」と話した。

 ふたの設置を祝い、ヤドンも登場。商店街には、ヤドンをかたどった手製の帽子をかぶったり、ぬいぐるみを手にしたりしたファンらが集まった。北海道千歳市のパート従業員、太田しほりさん(29)は「ヤドンのぼーっとしているところが好き。旅行の予定とふたの設置が重なり、うれしい」と喜んだ。

 マンホールふたは、県内全17市町のうち宇多津町を除く16市町に1枚ずつ、同社が寄贈。観光スポットや駅前に設置された。すべて図柄が違い、メタモンやピッピなどのキャラクターがあしらわれたふたもある。ポケモンの世界をイメージして制作されたそうだが、一部のデザインは丸亀城や丸亀うちわ、瀬戸大橋、うどんといった香川にゆかりのある物がモチーフになっているようにも見える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ