東京・上野「永井GO展」にあの“大物”来場でネット大騒ぎ!? デビルマンとの2ショットに「ウケる」「ヤバっ」

 連日多くの来場者でにぎわう漫画家、永井豪さん(74)の回顧展「画業50年“突破”記念 永井GO展」。東京展は開幕前からネットでも話題となり、初日は開場前から多くのファンが列を作るなど、永井さんの高い人気をうかがわせた。そんななか、ある意外な“大物”が会場となっている東京・上野の森美術館に来場。イベントの目玉の1つである「等身大デビルマン」とのツーショット画像をツイッターに投稿し、ネットをざわつかせている。

 その大物とは、B’zのギターの松本孝弘(58)。B’zとは、今年で活動31年目を迎える日本を代表するロックユニットで、ボーカルは稲葉浩志(54)が担当。「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」「LOVE PHANTOM」「裸足の女神」など、数々のヒット曲で知られ、「平成30年ランキング アーティスト別セールス」(オリコン)ではシングルとアルバムの売上枚数が累積売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚、アルバム4665.5万枚)を記録。総合1位に輝いている。

 B’zは19日、公式ツイッターを更新。デビルマンの前で同じポーズをとった“ツーショット”をアップし、公式のFacebookで「唯一無二の天才アーティスト永井豪さんの軌跡に感銘」とつづった。

 この意外な組み合わせにネットは大騒ぎ。このツイートは瞬く間に拡散し、リプ欄にはファンのコメントが殺到。「ウケる!!笑」「ヤバっ デビルマンと松本さんだぁぁ」「松本さんもデビルもかっくいい」「すごい2ショット」「二人とも強そうでカッコいい」「お茶目だしカッコいいやら、大好きやら、ロスってたので嬉しいやら」「愛の伝道師!デーモン族との戦いに出るのですか」「気になってた永井豪展!松本さん行かれてたんですね ツーショット素敵です」「かっけぇ~~よ 松ちゃん最高」「全てを捨てて戦う男」などの書き込みがあふれている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ