米写真家、ロバート・フランク氏死去

 ロバート・フランク氏(米写真家)米紙ニューヨーク・タイムズ電子版によると、9日、カナダ東部ノバスコシア州インバネスで死去、94歳。

 24年、スイス・チューリヒ生まれ。23歳で米国へ移住。50年代に米国各地の撮影旅行を行い、58年に白黒の写真集「アメリカ人」をフランスで発表、翌年に米国でも出版した。米国人の実態を生き生きと描いた代表作となり、20世紀で最も影響力のある写真家と呼ばれた。(ニューヨーク共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ