両陛下、海づくり大会式典ご臨席 

 秋田県を訪問していた天皇、皇后両陛下は8日、秋田市で開かれた第39回全国豊かな海づくり大会の式典に臨席し、特別機で帰京された。両陛下が海づくり大会に臨席されたのは初めて。同日は台風15号の影響を考慮し、両陛下は式典に続いて秋田市内で行われた稚魚の放流行事への臨席を取りやめ、予定を早めて帰途につかれた。

 式典では天皇陛下が、秋田県の自然や食文化の伝承に触れたうえで「海などの環境保全や漁業の振興、さらには海に関わる文化の継承に果たしてきた役割と意義に思いを致し、大会に携わってこられた多くの関係者の努力に深く敬意を表します」と述べられた。

 式典では、家族の仕事と海との関わりをつづった小学生女児の作文や、若手漁業者夫婦によるメッセージなども発表され、両陛下はさかんに拍手を送られていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ