地名からわかる危険度 サル、ジャ、ヒタリ、ヤブなど

 古来の地名には、その土地の特徴や大災害の歴史が秘められていることが多い。今回は、そんな“危険サイン”を秘めた代表的な地名をいくつか紹介する。参考にすれば、災害への備えになるかもしれない。

 『サカマキ』

 水が逆巻いて流れていた場所。

 【例】阪巻(奈良県)

 【災害例】1889年の十津川大水害で、奈良県宗檜村(現・五條市)の阪巻では洪水による死者が出た。

 『サクラ』

 急斜面が崩れて、土地が裂けやすい場所を表す。

 【例】桜島(鹿児島県)

 『サル』

 「すべりさる」「流れさる」が由来。崖崩れ、地すべりが起きやすい場所を示す。

 【例】猿投町(愛知県)、猿ヶ谷戸(群馬県)

 【災害例】愛知県豊田市の「猿投町」は1767年の豪雨による山津波で大量の土砂が流出した。

 『ジャ』

 土石流が“蛇”のように流れた場所を示す。土砂崩壊しやすい。

 【例】小蛇川(群馬県)、蛇抜沢(長野県)

 【災害例】1938年に群馬県で起きた大水害では、人家ほどの巨大な岩塊が土石流にのって「小蛇川」を流れた。

 『スナ』

 「砂」は海や川に近い場所を示す。液状化が起こりやすい。

 【例】南砂町(東京都)

 『タギリ』

 たぎり流れる川が由来で、水害が起きやすい場所を表す。

 【例】田切地区(新潟県)

 【災害例】1978年、新潟県新赤倉温泉付近の「田切」地区では、死者13人を出す土石流が。

 『タケ』

 滝のように崩れやすい場所を示す。

 【例】竹洞(熊本県)

 『ツル』

 崖や滝のように崩れた場所、あるいは川が急激に曲流になり水害が起きやすい場所を示す。

 【例】川鶴、津留、北津留(いずれも熊本県)

 【災害例】1953年、熊本県で起きた白川大水害で、「川鶴」と名のつく地区がことごとく被災した。1957年の記録的集中豪雨では「北津留」地区が被災。

 『ツバキ』

 「ついばむ」が由来の、浸食災害地名。

 【例】椿原町(熊本県)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ