愛知県が検証委員会設置 国際芸術祭の企画展中止で

 愛知県の大村秀章知事は9日、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の在り方を検証する委員会を設置すると発表した。16日に初会議を開き、11月末までに報告書をまとめる。

 中止した企画展「表現の不自由展・その後」について、企画段階から中止に至った一連の経過を整理して公表するほか、公金を使った芸術作品の展示や支援、危機管理体制についても検討する。

 記者会見した大村知事は「今回さまざまな意見をいただいたので、早い段階から検証を行い、専門家の目で精査して県民に分かりやすく情報提供したい」と話した。

 検証委は、国立国際美術館長の山梨俊夫氏が座長を務め、美術の専門家や憲法学者など計6人が参加する。 「あいちトリエンナーレ」は、名古屋市を中心に、2010年から3年に1度開かれている国内最大規模の国際芸術祭。2019年の開催で4回目となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ