港に迷いクジラ? 北九州市、住民見守る

 北九州市小倉北区東港の市街地に近い港に12日、クジラとみられる生物が迷い込んだ。沖合から入ってきたとみられ、市の担当者は「市街地近くで目撃されるのは珍しい」と驚いている。岸壁には近所の住民や報道陣ら約50人が集まり、海面に時折浮上してくる姿を見守った。

 市によると、午前7時ごろに漁船の乗組員が発見し、「黒色の生物が遊泳している」と市に連絡をしてきた。市が確認したところ、体長が4メートルほどあり、外見からクジラと推測されるという。沖合に戻したりせず、当面は静観するとしている。

 幼稚園の帰りに両親と見に来た近所の井出尾歩ちゃん(4)は、黒い背中が見えると「わぁ、思ったより大きい」と指をさしてはしゃいでいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ